腱鞘炎でペットボトルのふたが開けられないのですが、どうすれば良いでしょうか?

腱鞘炎でペットボトルのふたが開けられないのですが、どうすれば良いでしょうか?

腱鞘炎の症状が進行してしまうと、
ペットボトルのふたを開けれなくなりますが、
この場合、どのように対処すればよいでしょうか?

 

まず、ペットボトルのふたを開けれないくらいだと、
かなり症状が進行していて、炎症も出ている可能性が
非常に高いですから、鎮痛効果の高い薬を使ってください。

 

そして、前腕部分に強烈な張りが入っているので、
前腕部分をクリームなどを利用して
じっくりとマッサージするようにしてください。

 

このとき、超音波治療器(美顔器でも可)で
じっくりと患部をほぐすようにしていくと、
症状が軽減していくようになります。

 

その後、ペットボトルのふたを手で開けるのではなく、
ふたを開けるためのグッズを購入してきて、
手に負担の掛からないスタイルを確立させてくださいね。

 

「ふたを開けることができない」
というのは、非常にきつい症状ですから、
しっかりと改善していくようにしていきましょう。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ