ライン作業で腱鞘炎になったのですが、どうすればよいのでしょうか?

ライン作業で腱鞘炎になったのですが、どうすればよいのでしょうか?

ライン作業で腱鞘炎になった場合、
どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

 

 

工場でのライン作業で腱鞘炎になる方が
非常に多くなってきているのですが、
ほとんどの場合、腰・足から症状が発生しています。

 

どの作業も腕をよく使う作業ですから
原因も腕にあるのかなと思われがちですが、
以外にたちっぱなし・座りっぱなしによって
腱鞘炎へと移行していることが多いんです。

 

 

腰から足にかけての負担が大きくなればなるほど、
作業を腕で行なわなければならなくなるため、
腱鞘炎が起こりやすくなってしまうんですね。

 

 

特に、安全靴を履いているような
重たいものを作業の中で扱う方の場合、
足裏の負担が間接的に腕への負担に変わることがあります。

 

ですので、ライン作業の方は腕の治療だけでなく、
下半身の治療をしっかりと行い、ケアをすることで、
症状を軽減することが可能になっていますね。

 

特に、足裏がパンパンになっている方々は、
腱鞘炎を発生させやすくなっていますから、
お風呂の中でマッサージしてあげてくださいね。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ