腱鞘炎と糖尿病は関係があるのでしょうか?

腱鞘炎と糖尿病は関係があるのでしょうか?

腱鞘炎と関節炎は、関係があるのでしょうか?

 

 

 

 

腱鞘炎と関節炎は、どちらも手や手首の周辺に
発生することが多い怪我なので、
混同されてしまうことが多いんですね。

 

医療関係者の中にも、まったく同じものだと
認識している方もいらっしゃるのですが、
実際には別の痛みですのでご注意ください。

 

 

 

 

別の痛みということは、治療法が若干異なるので、
しっかりと見分けて、患者さんがどちらの症状なのかを
把握しながら治療していく必要があるんです。

 

腱鞘炎は、筋肉が骨にくっつく部分の炎症、
関節炎は、関節周辺の炎症ですから、
痛める場所が異なっているんです。

 

 

 

 

治療方法は同じようなことを行うのですが
治療する場所が、腱鞘炎の場合は腱・筋肉へ、
関節炎の場合は関節そのものへ治療していくので、
治療すべき部位が異なるんですね。

 

どちらも相互に関係しあっている怪我で、
腱鞘炎が関節炎を引き起こすことがあったり、
関節炎が腱鞘炎を引き起こすこともあったりします。

 

両方同時に発生することも多いのですが、
二つの怪我が同時に発生しているということを
理解している医療者じゃないと、治療は難しいですね。腱鞘炎と関節炎は、関係があるのでしょうか?

 

 

 

 

腱鞘炎と関節炎は、どちらも手や手首の周辺に
発生することが多い怪我なので、
混同されてしまうことが多いんですね。

 

医療関係者の中にも、まったく同じものだと
認識している方もいらっしゃるのですが、
実際には別の痛みですのでご注意ください。

 

 

 

 

別の痛みということは、治療法が若干異なるので、
しっかりと見分けて、患者さんがどちらの症状なのかを
把握しながら治療していく必要があるんです。

 

腱鞘炎は、筋肉が骨にくっつく部分の炎症、
関節炎は、関節周辺の炎症ですから、
痛める場所が異なっているんです。

 

 

 

 

治療方法は同じようなことを行うのですが
治療する場所が、腱鞘炎の場合は腱・筋肉へ、
関節炎の場合は関節そのものへ治療していくので、
治療すべき部位が異なるんですね。

 

どちらも相互に関係しあっている怪我で、
腱鞘炎が関節炎を引き起こすことがあったり、
関節炎が腱鞘炎を引き起こすこともあったりします。

 

両方同時に発生することも多いのですが、
二つの怪我が同時に発生しているということを
理解している医療者じゃないと、治療は難しいですね。腱鞘炎と糖尿病は関係があるのでしょうか?

 

 

 

実は、糖尿病の間接的な症状として
腱鞘炎が発生することがあるんですね。

 

腱鞘炎が発生すると、全身にむくみが発生するようになり、
関節に負担が入ることがあるのですが、
手首にむくみが発生すると腱鞘炎になりやすいんですね。

 

 

 

関節の中の筋肉や腱が水分によって圧迫されて、
強烈な痛みになってしまうことがあるんです。

 

また、糖尿病によって血管や神経にダメージが入ると、
神経系の痛み、血管性の痛みが発生するようになり、
症状がきついものになってしまうことがあるんです。

 

糖尿病によって発生する腱鞘炎は、
腱鞘炎そのものを改善するだけでは難しく、
やはり糖尿病を改善することが必要になります。

 

薬をしっかりと飲むようにして、
できる限り関節に負担の掛からない生活を送り、
腱鞘炎の症状がひどくなることを防いだほうがいいですね。

 

 

 

糖尿病が悪化してしまうと、バターが溶けたように
腱が溶けた感じになってぐじゅぐじゅになってしまうことがあります。

 

こうなってしまうと、治療院で改善することはできませんし、
手術などを行っても回復させるのが難しくなってしまうので、
できるかぎり早い段階で治療を開始するようにしてください。

 

痛みが出ているのを放置すればするほど、
とんでもない症状に移行するケースが多いですから。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ