腱鞘炎と突き指は、関係があるのでしょうか?

腱鞘炎と突き指は、関係があるのでしょうか?

腱鞘炎と突き指には、関係性があるのでしょうか?

 

 

直接的には腱鞘炎と突き指は関係ありませんが、
突き指を放置したり、治療が微妙だったあとに
腱鞘炎が発生することはありますよ。

 

つき指の状態だと腕を動かしにくいのですが
そのまま手指を動かし続けていると
不自然な形で負担が入るようになってしまい、
最終的に腱鞘炎が発生することがあるんですね。

 

 

もし腱鞘炎になる前につき指になっていたのなら、
その部分の治療をしっかりと行って、
指の動きそのものを改善していく必要があります。

 

突き指の治療には、超音波治療器が最も効果的で、
超音波を患部に当てることによって
突き指の症状を回復させることができますよ。

 

当然、腱鞘炎の部分にも有効に働きますから、
腱鞘炎と突き指の部分に超音波を当てていき、
両方を回復させるといいですね。

 

突き指は放置してしまうとずっと残ったままで、
動きの制限や痛みを引き起こし続けるので、
きっちりと治しておいたほうがいいですよ。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ