腱鞘炎と背中の痛みは関係がありますでしょうか?

腱鞘炎と背中の痛みは関係がありますでしょうか?

腱鞘炎と背中の痛みは関係があるのでしょうか?

 

 

実は、腱鞘炎と背中の痛みは深い関係性があって、
どちらも相互に症状を出し合うことがあるんです。

 

腱鞘炎はさまざまな原因によって発生しますが、
特に背中の負担・痛みが原因となって
症状が発生することが多いんですよ。

 

 

背中って、色々な部分で負担がかかって、
ダメージが蓄積されやすい筋肉ですから、
気をつけないと負担がかかりすぎてしまうんですよね。

 

パソコンを長時間やりすぎたりだとか、
本を同じ姿勢で読みすぎたりすると、
背中の姿勢を保つ筋肉に負担がかかっていきます。

 

そのときに痛みが発生することがありますが、
その痛みや負担が腕に伝わるようになってしまい、
そこから腱鞘炎へと移行することがしょっちゅうあります。

 

だから、背中に痛みが出ている場合には、
腱鞘炎と背中の症状を同時に治療していくようにして、
両方とも回復させる必要がありますよ。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ