腱鞘炎と雨・台風・低気圧は関係がありますでしょうか?

腱鞘炎と雨・台風・低気圧は関係がありますでしょうか?

腱鞘炎の痛みを増強させるものとして、
雨・台風・低気圧は関係がありますでしょうか?

 

 

答えは、YESです。
雨・台風・低気圧は、症状を悪化させます。

 

雨や台風によって気圧が低くなっていくと、
カラダのなかで痛みの物質が生み出されるようになり、
もともとの痛みが強くなることがあるんですね。

 

 

治療で回復していったとしても、
痛みの物質が生み出されてしまうと
症状が再発したように痛くなることが多いです。

 

そのときどきの状態にもよるのですが、
全体的に痛みが強くなることがほとんどですので、
対策をとっていく必要があります。

 

気圧が低くなっているということは、
カラダにかかる圧力が少なくなっているので、
カラダ全体が膨張する感じになっているんですね。

 

膨張することによって血管が拡張してしまい、
血管の中で痛みの物質が生み出されるようになり、
痛みが広がっていくというメカニズムになっています、

 

これを防ぐのに最も有効なのが、お風呂です。

 

お風呂に入ることで水圧が加わるようになり、
痛みの物質がもとに戻りやすくなり、
症状がかなり軽減されていくようになります。

 

痛みを回復させていくためには、
お風呂がいいと思いますよ。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ