腱鞘炎はそもそもどこの場所・部位の痛みや怪我なのでしょうか?

腱鞘炎はそもそもどこの場所・部位の痛みや怪我なのでしょうか?

腱鞘炎とは、そもそもカラダの中の
どこの場所・部位の痛みなのでしょうか?

 

腱鞘炎とは「腱鞘」という場所の「炎症」で、
「腱鞘」は「腱」を包んでいる「鞘(さや)」です。

 

カラダの中にはたくさんの「腱」があるのですが、
腱が丸出しの状態だと、骨とこすれて痛めてしまうので、
もともと「鞘(さや)」に包まれているんですね。

 

刀の「鞘」と同じような感じで、
「腱」がスッポリと包まれているんです。

 

 

この「腱鞘」のほとんどは手や指に存在するので、
この部分に痛みが発生した場合「腱鞘炎」と呼ばれます。

 

手首や指以外にも前腕部分にも痛みが起こりますが、
正確には腱鞘炎ではないんですけど、
おおまかな意味合いで腱鞘炎と診断されることもあります。

 

手首周辺の痛みのなかでも、
繰り返しの動きによって発生した痛み、
「腱鞘」の「炎症」のことを腱鞘炎と呼んでいます。

 

 

手首と指以外にも腱鞘は存在していますが、
手首のように何度も繰り返し動かす部分は殆ど無いので、
基本的には腱鞘炎は手首周辺にしか発生することがありません。

 

ごくまれに足首周辺を動かし続けることによって、
足首の腱鞘炎が発生することもありますが、あまり多くは発生しません。

 

使いすぎによって症状が発生してしまうことがほとんどですから、
痛みが出ている場合には使い過ぎないように注意する必要があります。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ