親指の腱鞘炎のとき、おすすめのサポーターはありますか?

親指の腱鞘炎のとき、おすすめのサポーターはありますか?

親指の腱鞘炎になってしまったとき、
おすすめのサポーターはあるのでしょうか??

 

 

親指側が腱鞘炎になってしまった場合には、
手首から親指を固定するサポーターと同時に
前腕に巻くタイプのサポーターを併用するといいですね。

 

前腕にも手首の部分にも原因となる箇所があるので、
それらを同時に回復させていくことで
症状を軽減させることができますよ。

 

 

親指のところに巻くタイプのサポーターだけだと、
筋肉の負担を最大限に抑えることは難しいので、
二種類巻いていくことをオススメします。

 

このとき、邪魔になってしまうものを選択すると
すぐにサポーターを外してしまうようになり
症状を回復させることが難しくなるので、
邪魔にならないものをオススメします。

 

柔らかい布タイプのものが多いですが、
あれだと固定力があまりなく痛みを抑えるのが難しく、
症状が回復することはあまりないですね。

 

あくまでも保温性を保つためのサポーターなので、
布製の伸び縮みするようなものは適していません。

 

それよりは、適度な固定力のある
スポーツ用のサポーターのほうが
腱鞘炎には適していますよ。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ