指の腱鞘炎の症状・治療(ストレッチ・サポーター・テーピング)のポイントはありますでしょうか?

指の腱鞘炎の症状・治療(ストレッチ・サポーター・テーピング)のポイントはありますでしょうか?

指の腱鞘炎の症状・治療で気をつけたほうがいいことはあるのでしょうか?

 

 

まず、指の腱鞘炎というのは、
症状は指に発生していますが、
原因は指以外にあることが多いんです。

 

手首に原因がある場合も多いですし、
肘や肩の動きが悪くなっていることによって
指に負担が入って腱鞘炎になっていることも多いです。

 

 

突然、指だけに症状が入っているのではなく、
首・肘・手首などに気づかないうちに負担が加わって、
最終的に指に痛みとして症状が発生することが多いです。

 

ですから、治療やストレッチ・サポーター・テーピングは、
指だけに行ってもあまり改善されることはなく、
他の部位に対しても行う必要があります。

 

指のサポーターやテーピングは症状を抑えるのには
非常に効果的なものだと思いますが、
それだけでは「治療」にはつながらないんですね。

 

サポーターやテーピングで「症状」を抑えているうちに、
超音波治療器やマッサージで「原因」を改善して、
痛みの出にくい環境づくりをする必要があるんですよ。

 

指だけ治療していっても、
症状はほとんど改善されませんよ。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ